2008年05月15日

銅版画教室1★エッチング編

「銅版画ってどうやってつくるの?」「何日くらいでできる?」「費用はどれくらい?」とよく聞かれることがある。
そこで銅版画の作業過程をアップしてみます!

*銅版画は凹版です。
 木版画の凸版とちょうど反対です。
 つまり、凹部分につまったインクが、紙に転写されるのです。

*銅版画には直接版に描く直接技法と、薬品で版をつくる間接技法があります。
 直接技法は「ドライポイント」といわれます。
 間接技法にはいろいろありますが、ここでは「エッチング」と
「アクアチント」のやりかたを説明します。
 

★用意するもの 
○左上から
 紙ヤスリ アルコール(松ヤニを落とすもの)
 グランド(防食剤)ピカール 松ヤニ
○中央
 銅版 ニードル
○その他
 壁紙シート 水彩紙など
  
zairyo.jpg


☆「エッチング」 
 線の表現に使います。
 シャープで硬質な線になります。


1.銅版の裏に壁紙シートを貼る。
e-01.jpg

 余分なシートをカッターで切り落とす。 
e-02.jpg



2.プレートウォーマーに版をのせてあたためる。
e-3.jpg

 版があたたまったらおろして、グランドをはけで塗る。
 ムラにならないようすばやくさっさっと。
 グランドが乾くまでしばらくおいておく。
e-4.jpg



3.ニードルで絵を描く。わたしはフリーハンドで描きます。
(下絵を転写することもできますが、ここでは省略)
 力を入れずグランドを剥がす感覚で描くと描きやすい。

shitae.jpg
 エスキースみたいなもの。でも描いてるうちに変わっていく。



4.腐蝕する。ここでは第二塩化鉄(写真の黒い液体)という溶剤を
 使います。
 描画した面を下に向けて浸ける(硝酸の場合は上向けに浸ける)。
 切り目をいれた消しゴムではさんで、少し浮かせるようにする。
 冬は一時間半くらい、夏は40分くらい浸ける。
 気温が高いほど、腐蝕が早いのです。
 今日は一時間ちょっと浸けた。
 
e-5.jpg



5.水できれいに洗う。



6.版のグランドをリグロインをつけたぼろ布でふいて、きれいに落とす。
 エッチング完成!
 ニードルで描いたところが凹になっています。
e-6.jpg



7.試し刷りしてみました。エッチングの線だけだとこんな感じ。
 これからどうしようかな。。。
:
posted by ムラカミ at 01:38| 京都 ☀| Comment(0) | 銅版画のつくりかた | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください