2008年05月15日

銅版画教室2★アクアチント編

前回の続きです。

☆アクアチント
 アクアチントは松ヤニの粉をふりかけ、熱で定着させて腐蝕液につけ、
 腐蝕させる方法。
 面の表現に使う。
 浸ける時間が長いほど濃い色になります。

1.松ヤニをふりかける。

 これが松ヤニの粉。すりばちですりつぶして。。。
a-kona.jpg

 カンにいれる。
a-kona2.jpg

 カンの口部分(ふたはしない)に、布をゴムでとめます。
 お手製(というほどの物でも…)のアクアチント缶です。 
a-1.jpg


 写真がないのでイラストで。
 カンを下に向けて布部分(底)をぱんぱんたたき、ほこりをたたせるようにして
 松ヤニをふりかける。まんべんなく。
a-houhou.jpg



2.熱を加えて、松ヤニを定着させる。

 ほこりがうっすらつもったようになるまで松ヤニをふったら。。。
 電熱器にのせて、熱を加えます。少し浮かせて、まんべんなく。
a-2.jpg

 うっすら赤く、色がかわったのわかりますかね?
 これが定着したしるし。
 熱し足りなくても熱しすぎてもダメなのです。
 このタイミングが結構難しい。。。
a-3.jpg


3.腐蝕液につける。

 腐蝕させたくないところ(白で残したいところ)を、グランドでとめる。
a-4.jpg

 腐蝕液に上向きに浸ける。
 アクアチントの時には、わたしは硝酸を使います。
 もちろん第二塩化鉄でもOKです。
a-5.jpg

 泡がういてきたら、刷毛ではらってやります。
 泡がついたままだと、きれいに腐蝕しないので。
 一番薄い色で2分くらい浸ける。
a-6.jpg

 これ以上腐蝕させたくないところをグランドでとめて、
 再度、硝酸に。
a-7.jpg
 これを繰り返して色の濃淡をつけていく。
 腐蝕時間が長い部分ほど、色が濃くなります。



4.またまた試し刷り。これを参考に、もう少し手をいれていきます。
a-8.jpg

posted by ムラカミ at 02:42| 京都 | Comment(0) | 銅版画のつくりかた | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください