2008年05月15日

銅版画教室3★刷り編

さらにつづきます。

今回は刷りです。

☆前もって、紙を水につけておく。
 最低でも30分。できれば前日からつけておく方がいいらしい。
 紙の不純物が水にとけるのだそうです。
kami.jpg

 刷る前に水からだして、吸い取り紙で水気をとる。
kami-suitorijpg


☆インクをつめる。

1.インクをへらでよーく練る。
 へら(版を傷つけないようゴムとか紙製のもの)で版にインクを
 まんべんなくのばす。
s-1.jpg



2.寒冷紗でざっとインクを拭き取る。
s-2.jpg
 


3.そのあと薄い紙(電話帳)でていねいにインクをふきとっていく。
 あまり力をいれすぎないように、少しずつ。

 

4.版の表面がきれいになるまで。
 こんな感じです。
s-3.jpg



☆刷る

 これがプレス機。銅版画にはこの機械が必要です。
 結構でかいです!45×60cmまで刷れます。
s-press.jpg


1.台の上に版をおく。
s-4.jpg

 版の上に紙をおく。
s-5.jpg
 
 最後にフェルトをかける。



2.プレス機のハンドルを回す。(写真がないのでイラストで)
 結構力がいります。大きい作品のときは大変! 
 s-setumei1.jpg

 板が動いて、ローラー部分を通るときに、圧力がかかって
 版のインクが紙に転写するのだ。
s-setumei2.jpg

 左から右へ動きました。
s-5-2.jpg


 フェルトをあげて、紙をそーっとめくります。
 この瞬間が一番ドキドキします!
s-6.jpg

 こんな感じでできました!
 反転しているのがわかりますか?
han-hanga.jpg



2.ベニヤ板に版画を水貼りテープで貼る。
s-7.jpg
 このまま5日間、少なくても2日間は乾かす。

 完成! 写真がちょっとぼけぼけですが。。。
hanga1.jpg


posted by ムラカミ at 03:43| 京都 | Comment(0) | 銅版画のつくりかた | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください