2008年05月15日

銅版画教室★番外編

★番外編

以上が、銅版画のつくりかたです。
一見、ややこしそうだけど、
1..銅版は酸性の溶剤で腐蝕する
2.版の凹部分にインクがはいる
ということだけ分かっていれば、そうでもないんですよ。

ただ、薬品を使うので、思った通りの表現をするのはすごく難しい。
そのかわりに、失敗だ!と思ったときに限って、
思いがけない面白い効果がでたりもするので。。。
それが楽しくてやめられないのかもしれない。

data.jpg
アクアチントのデータをとっておくと、参考にできて楽。
でも気温や熱し方によっても変わるから、最後はカンかな?

失敗も、面倒なことも多いんだけど
やっぱり銅版画の線の味わいやあたたかみは、
他ではかえられないモノがあります。

今回、3つの作品(小サイズ)を作るのに3日かかりました。
大体、これくらいのサイズなら刷りまでふくめて
1~2日でできます。
途中で失敗することもあるので、お仕事の場合は
1週間以上の余裕を見ていただけたらありがたいです。
作品が乾くのに3~4日かかるので。
ぜひぜひ、ご依頼おまちしておりますー!

あ、9月には銅版画で個展をやります。
京都の恵文社のギャラリーアンフェールにて。
春は制作にいい季節だからがんばります。
冬は寒くて寒くて。。。水使うし、換気しなきゃいけないし。
版画家のY先生のアトリエをお借りして、ぼちぼち制作しています。


★おまけ
銅版画は体力仕事!
今回は小さいサイズだったので、それほどでもなかったけど、
大きい作品(45×60cmくらい)になると、版を腐蝕液につけたり
だしたりをくりかえすだけで、結構タイヘン。
プレス機のハンドルを回すのもかなり力がいるし、
インクをふきとるだけで、一時間くらいかかることも。
なので甘い物でも食べないとやってられない~。
oyatu.jpg
今日はミスタードーナッツ。


tunagi.jpg
汚れてもいい格好で。
前はエプロンしてたけど、最近はほとんどつなぎ。




posted by ムラカミ at 19:51| 京都 ☀| Comment(2) | 銅版画のつくりかた | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
銅版画の制作行程がこんなに手間がかかるとは。
おもしろそうだけど、結構大変ですね。
一度は体験してみたい、とか思っていたけどやっぱ止めときます。
(ちょっとひるんだ…)

個展楽しみにしてますよ。
Posted by ふじさわ at 2008年05月15日 21:24
アクアチントがちょっと面倒っていうか、難しいんですよねー。わたしも初期はあまりやってなかったんです。
最初はエッチングだけでもいいと思います。
線だけでもじゅうぶん味わいがありますよ。

あと、版に直接描く方法なら、すぐできますよ。
描いて、刷るだけだから。
版を直接ニードルでひっかくので、ちょっと描きにくいのが難点だけど。

個展情報、近づいたらまたアップしていきます!
Posted by ムラカミ at 2008年05月16日 00:08
コメントを書く
コチラをクリックしてください