2008年04月23日

プレ更年期から始めよう

「プレ更年期から始めよう」表紙と中のカット全点を描かせていただいた。
こういうタッチも描きます。

プレ更年期とは読んで字のごとく、更年期の前の症状だそうで、大体30代後半から40代、早い人では20代後半から30代前半で悩まされている人もいるのだそうです。
更年期なんてまだまだ先の話、と思ってたけど人ごとじゃないなあ。

株式会社かもがわ出版 2005年
ペン マーカー

pure1.jpg
posted by ムラカミ at 14:19| Comment(0) | 仕事 | 更新情報をチェックする

脳科学のテーブル

「脳科学のテーブル」先日表紙の絵を描かせていただいた。
鷺草デザインさんからのご依頼。
京都大学の学術書です。
ちょうど旅行に行っているときに依頼をいただき、そのあと天気が大荒れに荒れて帰れなくなり、ぎりぎりでラフを提出したのが、今となってはいい思い出のようなそうでないような。。。
著者の方お二人と本にでてくる歴史上の脳科学者たちがテーブルを囲んでいるという絵です。
デザイナーさんからは、バックの神経をイメージした画像(グリーン)とマッチして
「異空間での会議風景のようでいい」という嬉しくも不思議なコメントを頂いた。

内容は。。。単語からしてさっぱりっつうか、脳が拒否している気がしますです。
こういうことが理解できる人というのはどうやって出来上がるのか、そちらの方が不思議に思う。同じようにお母さんのおなかから生まれるのに。
人間の可能性って無限ですね!(←強引にまとめました)

京都大学学術出版会 2008年
ペン 水彩
「脳科学のテーブル」

nouigaku.jpg
posted by ムラカミ at 14:02| Comment(2) | 仕事 | 更新情報をチェックする

らくたび文庫

京都の「コトコト」という出版社からでている「らくたび文庫」。
500円ワンコインで買える、かわいい文庫本。
発刊の時からお世話になっていて、今まで4冊表紙やカットを描かせていただいた。
内容にあわせて表紙がかなり変わるので、わたしもバリエーションにとんだ絵を描かせてもらえて楽しい。

株式会社コトコト らくたび文庫 2007年


★京都 社寺参拝入門 
切り絵。寺町だったか新京極だっかのお土産やさんに和紙(小さい箱に100枚くらいはいってるやつ)を買いにいって作った。仕事でやったのははじめてだったけど楽しかった。切り絵はスピード感あるので作ってるとワクワクするのです。

rakut-tera.jpg



★京都BAR
銅版画風ってことで、いろんなタイプの絵を描いたんだけど、結局ラフぽく描いたこれに決まった。デザイナーさんのセンスがいいんだなあ。

raku-bar.jpg




★京都 社寺門前名物めぐり
浮世絵風にという依頼にびっくりしたけど、新たな一面をひきだしてもらった気がする。
中の「社寺門前名物洛街図」(イラストマップ)はタイヘンでした。(スキャンしたときちょっと色が激しめに転んでますが)
若い編集さんが熱演の「ヒカル君が行く!」も面白いです。

rajku-monzen.jpg



raku-map.jpg




★京都スタア名鑑
淡い水彩がきれいに塗れた。にしても十二単ってすっごいですね。。。これきて動けるんでしょうか。

raku-star.jpg
posted by ムラカミ at 13:37| Comment(0) | 仕事 | 更新情報をチェックする

「リラ 遥かなる愛の旅路」

「リラ、遥かなる愛の旅路」先日お仕事させていただいた。
鷺草デザインさんからのご依頼。
表紙と扉と料理のカットを描いた。
個人的には扉の絵、4点が気に入っている。
ただいま発売中なので手にとって見ていただけると嬉しいです。

日曜日(だったっけ?)の「いつ見ても波瀾万丈」にでてきそうな、いやいや、そんなの遥かに凌駕する激動の人生!この時代の女の人はみんなこんなに強いのでしょうか。
自分の悩みや人生がアリのように小さく見える気が。。。
イギリスと中国の料理やお菓子の描写がものすごく美味しそうで魅力的。

株式会社ウェッジ 2008年
銅版画 (エッチング アクアチント)

「リラ 遥かなる愛の旅路」表紙
rira-h.jpg



扉絵
riira1.jpg


posted by ムラカミ at 12:53| Comment(0) | 仕事 | 更新情報をチェックする

パリの獣医さん

「ぶたマン」を見て、表紙の依頼を頂いた「パリの獣医さん」。
嬉しかったなー。
ちょうど東京に行く予定があったので、早川書房の下の喫茶店(うろおぼえですが、なんかクリスティとかポアロとかそんなようなミステリ系の名前だったような。。。)で原画をお渡ししたことを覚えている。


銅版画 手彩色
2006年発行 早川書房(ハヤカワ文庫)


「パリの獣医さん上」
pari1.jpg


「パリの獣医さん下」
pari2.jpg

posted by ムラカミ at 12:37| Comment(0) | 仕事 | 更新情報をチェックする

「ぶたマン」

ドイツ文学「ぶたマン」の表紙と中の扉や挿絵を描かせていただいた。
いつもお世話になっている、「桜風舎」さんからのお仕事。
わたしも編集者の方も書籍ははじめてだったので、訳者の先生もまじえて何回も打ち合わせをして、山ほどラフを描いた。
めちゃめちゃタイヘンだったけど、それだけに愛着があります。
デザインが素敵! ここでははずしてますが、帯が赤で、それもいい感じ。

2005年 株式会社 人文書院
銅版画 手彩色

butaman.jpg
posted by ムラカミ at 11:47| Comment(0) | 仕事 | 更新情報をチェックする